スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jeffery Sachs からのメッセージ

以前に[Extreme Poverty]の著者 Jeffrey Sachs のことを紹介したことがありましたが、彼からの学生へのメッセージです。短いですが、分かりやすい英語を訴えています。







バットマン ダークナイト

パーフェクトな正義の味方よりも、苦悩するヒーローということでスーパーマンよりバットマンが好きです。毎回でてくるメカもすごいですよね。最新作のダークナイトもそんなバットマンファンを魅了する作品です。好きな映画を何回も観れば英語も自然と身についてくるはずです。


ダークナイト (Blu-ray Disc)ダークナイト (Blu-ray Disc)
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る

Detroit Bailout May Bring On U.S. Oversight

WASHINGTON — Congressional Democrats on Sunday were weighing options for tight government control of the crippled American auto industry, including the possible creation of an oversight board made up of five cabinet secretaries and the head of the Environmental Protection Agency, and led by an independent chairman or “car czar.”

While the form of oversight was still being negotiated by Congressional Democrats and the White House late Sunday, the talks made clear the extent to which the auto companies would have to submit to substantial government supervision in order to receive a taxpayer-financed bailout.

民主党議員は日曜日に瀕死の状態とアメリカ自動車産業に対し政府の規制を強める方向に傾いた。内容は、5つの政府長官と環境保護長官からなる監視委員会の設置の可能性を、それが独立した議長もしくは自動車独裁者によりリードされるもの、示した。

監視委員会の形態はまだ議論されてはいるが、自動車会社が税による救済を受けるためには、実質的な政府の監督に服従しなければならないというところまで話が及んでいる。

※資本主義社会アメリカでの自動車産業が国営化されるということに近い動き。これは今まで考えられなかったことだが、それほどアメリカ経済が最悪の状態にあるということだろう。ものづくりで繁栄してきた日本にとっても最悪の経済状況だといえる。

インドでのテロその後の情報

MUMBAI, India — The Mumbai police on Thursday identified a second Pakistani terrorist as an engineer of the bloody assaults on the city last week and confirmed that they were investigating whether a Mumbai man arrested on terrorism charges had scoped out some of the high-profile targets the attackers struck, leaving more than 170 dead.

ムンバイ警察は流血襲撃の技術者として二人目のパキスタン人テロリストを特定し、攻撃した容疑で逮捕したムンバイ市の男が攻撃の知名度の高い目標を調べていたのか裏づけをとった。

※パキスタン人の関わりがどんどんでてくる。パキスタン人からはインドのでっち上げだとの主張もある。真実はどうなのか、一つ一つの情報で惑わされることのないようにしなければならない。

インドでのテロとパキスタン

LAHORE, Pakistan — Mounting evidence of links between the Mumbai terrorist attacks and a Pakistani militant group is posing the stiffest test so far of Pakistan’s new government, raising questions whether it can — or wants to — rein in militancy here.

インドムンバイでのテロ攻撃とパキスタン武装グループのつながりを示す膨大な証拠は、パキスタン新政府をこれまでで最も断固とした調査に導いた。すまり新政府が、闘争心を引き締めることができるか、本当はそのようにしたいだろうが、という疑問がわいている。

※米国国防省の前職員は匿名でパキスタンのスパイと軍がテロリストを教育したという情報を載せている。これが本当だとしたら、かなり問題は複雑で解決が困難だと思える。インドとパキスタンの問題は根が深い。パキスタンでテロ攻撃が起きないよう祈る。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。